消費者金融では審査通過率を気にすることが大切です!

消費者金融選びは、最初に優良な金融業者を探すところから始まります。そして優良な業者を何社かに絞ってから審査の通過率が高いところを選定しましょう。単に審査通過率が高いだけで選んでしまうと、悪徳業者に掴まってしまうことも考えられますので、最初は必ず優良な業者選びから始めてください。

優良な消費者金融を選ぶ目安としては、①銀行系列の大手の消費者金融を選ぶ②その中でも金利の安いところを選ぶ③ホームページを確認して会社の電話番号を調べる⇒固定電話であればOKといったものになります。

そしていくつかの優良消費者金融を選んだら、後は、審査通過率の高いところを選定しましょう。審査通過率の高い大手の優良消費者金融は、口コミの評判などを踏まえると以下のようになります。

審査通過率の高い消費者金融のまとめ!

1.プロミス
2.アコム
3.モビット

どこも大手の優良消費者金融です。  

消費者金融ならパートやアルバイトでも審査に通ります

カードローンといっても色々あります。銀行系や消費者金融系、信販会社系とあります。銀行系はアルバイトやパートには審査が厳しいのであまりお薦めできません。銀行系と金利があまり変わらず、アルバイトやパートでも比較的審査に通りやすいのが消費者金融です。

消費者金融の場合は、年収額や職業に関してはあまり厳しくありません。アルバイトやパートであっても安定した収入が得られていれば、審査基準をクリアすることができます。

収入が少ないのが影響してくるのは、借入限度額です。借入限度額は、法律によって定められています。年収の1/3が上限になります。ですから、年収が少ないとそれだけ限度額は低く設定されます。

借入限度額が高いほど金利が安くなるのが一般的ですので、金利面では多少不利になるのですが、早期返済をすれば、金利もあまり気になりません。まずはお金を借りられなければ話にならないのですから、審査に通るためには低い限度額でも我慢してください。

限度額は後から増額することが可能です。収入が増えてから増額審査を受ければいいのですから、契約時の審査では限度額を低めに抑えておきましょう。  

消費者金融の審査落ちを防ぐための3つのポイント!

消費者金融の審査に通るためには、その審査基準をよく知っておかなければなりません。消費者金融の場合はおおむね以下のような基準になります。

1.継続的に安定した収入がある
2.過去に返済事故の履歴がない
3.借入限度額が年収の1/3以下である

2番目の過去に返済事故の履歴がないという点について少し補足をしておきましょう。返済事故とは、滞納、代位弁済(保証会社による返済)、債務整理や自己破産、カードの強制解約などが該当します。これはカードローンだけが対象なのではなく、クレジットカードや携帯電話、奨学金などの返済も含まれます。  

1.継続的な収入がある

まず最初の基準である、継続的に安定した収入があるという点ですが、この項目だけで見れば、収入の多い少ないは関係ありません。たとえ毎月10万円でも、毎月きちんと安定した収入が得られているのであれば、この基準はクリアします。

逆に年収が多くても毎月安定した収入でなければこの基準はクリアできません。

ですから、収入が少ないことを恥じる必要はありませんし、収入を偽る必要もありません。安定的に収入があるのであれば、胸を張って審査に申し込んでください。  

2.クレジットカードの滞納がない

2番目の返済事故の履歴についてですが、先に説明した通り、カードローン以外の返済も対象になりますので気を付けてください。

意外なのは携帯電話の支払いや奨学金の返済も対象になるということです。これを知らない人はかなり多いと思います。最近では奨学金の返済ができない若者が増えているというニュースをよく聞きますが、万が一滞納していたりすると、その情報は信用情報に登録されてしまいます。すぐにカードローンを利用する予定がなかったとしても、こういった返済事故にはくれぐれmの注意してください。

信用情報に問題が無いか、自分で確認することもできます。指定信用情報機関CICのホームページを見ていただくと良いでしょう。1回1,000円程度の手数料で、自分の信用情報に問題があるのかないのかを調べることができます。大体即日で調査結果を手にすることができます。

もし万が一、返済事故に心当たりがあるのであれば、審査に申し込む前に確認しておくようにしましょう。  

3.限度額を10万円に抑える

先に、借入限度額は年収の1/3が上限だと説明しましたが、借入限度額は低いほど審査には通りやすくなります。それは十分に返済能力があると判断されるためです。

特に、借入限度額が概ね50万円以下であれば、収入証明が不要になりますので、収入に不安があるのであれば、限度額を50万円以下にして審査に申し込むのが良いでしょう。

アルバイトやパートの場合は、限度額を50万円以下で申し込んでも、収入証明の書類に提出を要求されることがあります。これは、職業的に収入がさほど多くないと思われるため、念のために収入を調べる必要があるからです。このような場合には、借入限度額をあまり高く設定せず、最初は10万円程度に抑えておいたほうが審査に通りやすくなります。

借入限度額というのは、後からいくらでも変更できます。一度審査に通ってしまえば、最低でもその時の条件は確約されているわけですから(よほどのことがあれば減額されるケースもありますが・・・)安心して増額審査に申し込むことができます。

まずは契約時の審査に通ることを優先しましょう。  

消費者金融の審査で借入件数はどこまで影響するのか?

借入限度額は年収の1/3以下にしなければならないと法律で決まっていると説明しましたが、これは1社あたりではありません。一人の人が何社からも借り入れている場合は、その合計額が年収の1/3以下に制限されます。

ですから何社からも借り入れていると、それだけ審査は厳しくなります。少なくとも借入限度額はかなり低いものに抑えられるでしょう。

借入限度額が低く設定されるのはまだましな方です。何社からも借り入れているということは、既に多重債務になっていると容易に判断できます。毎月何社にも返済しなければならないのですから、新たに融資しても貸し倒れになる危険性が高いのです。

ですから、新たにカードローンの契約をするのであれば、最低でも1社は完済させることをお薦めします。できれば借入先は2社以下が良いでしょう。そして他社からの借入残高と限度額の合計は年収の1/3よりもはるかに低く設定してください。年収の1/3ぎりぎりで審査を受けると通らない可能性が高いです。それほど消費者金融は多重債務にはナーバスになっています。  

消費者金融なら土日でもすぐに審査に通るのでおすすめです!

消費者金融の場合、銀行系のカードローンとは異なり、土日祝日でも審査を受けることができます。これが消費者金融の大きなメリットです。しかも審査は即日で完了します。審査に通ればすぐに融資を受けることができますので、休日に急に現金が必要になったときには非常に便利です。

土日祝日だからといって特別な審査をするわけではありません。平日と全く同じ基準で審査されますので、厳しさは変わらず、審査通過率も差はありません。

先に、審査通過率の高い消費者金融を3社ほど挙げましたが、詳細はそれぞれのホームページを見ていただくと良いでしょう。各社ごとに特色のあるサービスを行っていますので、自分の返済計画に最もマッチする業者を選んでください。

プロミス、アコム、モビットのホームページはこちらになります。